ご購入時・ご使用上の注意点



ご購入に関する注意事項をよく読み、
製品に対する正しい理解をしてからご購入ください。

アルカリ性電解水は、化学洗剤より洗浄力は≪確実に≫劣ります。しかし、結構いい!

電解水の「水なのに・・激落ち!」といった過剰な広告が多く見受けられます。

確かに、水なのに!汚れは激落ちします。しかし、広告の誘い文句に過度に期待して電解水を購入すると、期待外れな結果になります。
確実に油汚れを落とすなら、家庭用であれ業務用であれ泡の出る洗剤をお勧めします。製造・販売している会社の社長の立場なのに「水を差す」ような言い方をして恐縮です。


購入者様を後々ガッカリさせないために正直に書きます。

購入前にご一読ください。


電解水は、そのpH濃度が13.1当社がメインで販売する12.5など色々売られています。色々な濃度が売られていても、「化学洗剤」と単純に比べるとなると、汚れを落とす能力はある程度劣ります。どこの「化学洗剤」と比較して云々という話ではありませんが、「化学洗剤」と比較すると汚れを落とす洗浄力は劣ってしまいます。実際には、電解水を使った洗浄中には「泡立たない」ので洗っている実感がありません。(実際、プロが電解水を使う洗浄現場では、この泡立たないと言う事が重宝されていたりするのですが。)洗浄する際に物足りなささえ感じる場合もあります。また、水からつくられた電解水は安定した状態で長期保存する「貯蔵性能」は化学洗剤と比べると劣ります。電解水は、やはり「水」なのです。

 電解水は、基本的には「水拭き」掃除の延長上に使うものであるとご理解ください。

以下に整理した内容を十分理解して頂いた上でご購入ください。

 

 


【塗装面などは、特に注意してください。】


ペンキ・ラッカー・ニスの塗装面には注意してください。

 

事務機などの表面に電解水が残っていると・・・・

 

左の写真のように(斑点)なります。

 

アルミ面、真珠、サンゴ、エメラルド、大理石など、以下の注意書きにあるような物も電解水が残っていると同じようなトラブルになることがあります。

 

使用用途の制限はありませんが、当社では左記のようなトラブルが発生しても責任を負いません。

ラッカー塗ってある机の上を電解水で掃除して、その上にマグカップなどを置いておくと。。。右のようになることがあります。

マグカップの輪シミが・・・・。
電解水は浸透しやすいのです。




当社の電解水は、製造時にはph13前後のものを出荷しています。


製造時のph値は、補正前でph13.11です。
水温21.2度からの補正値で数値を修正すると、ph13.01になります。

ph測定値は、補正表の数値で補正します。



<良いところ>

  • 洗剤成分を流すための洗浄が不要。(二度拭き不要)
  • 放置したときに「洗剤の成分」が残らないので、ヌルヌル、ベトベトにならない。
    ⇒水なので蒸発すればなくなってしまう。
    (※ただし、製造時に電解質として使用した炭酸カリウム成分は残ります。)
  • 臭いが無い。
    ⇒飲食店・食堂などで洗剤・漂白剤・芳香剤のにおいが気になる方にお勧め。
  • 環境に優しい。
    ⇒当社のアルカリ電解水は純水と炭酸カリウム(食品添加物)に電気を加えて作ります。環境を破壊する物質を含みません。また泡が立ちませんので、洗い流す為に水や紙をたくさん使う必要がありません。
  • 掃除する対象物の表面や繊維内にアルカリ性が若干残るので防腐・防臭効果が残る。
  • 重曹(弱アルカリ性)のように使う都度水に溶かす必要が無い。

<悪いところ>

  • 化学洗剤と比べると洗浄力が劣る。
  • 浄化槽のある住宅では、排水に最大限の注意が必要。
    ⇒直接流すと浄化槽内部のバクテリアまで死滅してしまいます。
  • 泡が出ないので「洗濯・洗浄した!」という目に見える満足感が無い。
    ⇒泡立ちが・・という洗剤メーカーの宣伝文句で謳われる爽快感が無い。
  • 価格的にまだ高価。⇒水なのに・・高い。(企業努力中です。)
  • 万能ではない。⇒用途と効果を明確にする必要がある。

 

 

文責:アルファケム株式会社
社長


身近にあるものを使った電解水の説明

重曹

街中のスーパーマーケット等で説明用の写真撮影をしています。(ここで紹介している写真の製品は、当社製品ではありません。)

代表的なのが、「重曹」です。クッキング材料として売られています。炭化水素ナトリウムと呼ばれることよりも、重曹(じゅうそう)と呼ばれることが多いのではないでしょうか。

このリンク先にかなり詳しく書かれています。

http://bit.ly/2wTceTr

 

左記重曹のパッケージには、「あく抜き」にも使えると書いてあります。


上記に記載したように、電解水も同様の使い方ができます。

しかし、電解水は『強アルカリ性』です。取扱には十分な注意が必要です。


炭酸カリウム

炭酸カリウムは、当社の電解水を製造するときに使われています。
炭酸カリウムは、食品添加物のため食品製造にも使われているのです。

また、カリウムは食材の多くに含まれるミネラル成分です。

こちらを参考にしてください。http://bit.ly/2wlpxb4

「新製法」と書かれています。新製法に炭酸カリウムが使われている様です。

新製法こうや豆腐とは・・・

炭酸カリウムでこうや豆腐を柔らかくしています。従来の重曹製法よりもナトリウムが95%少なく、カリウムが多く含まれます。と、書かれています。


その他に一般的な注意事項です。


ペンキ・ラッカー・ニスの塗装面には注意してください。

 

事務機などの表面に電解水が残っていると・・・・

 

左の写真のようになります。

 

アルミ面、真珠、サンゴ、エメラルド、大理石など、以下の注意書きにあるような物も電解水が残っていると同じようなトラブルになることがあります。

 

使用用途の制限はありませんが、当社では先のようなトラブルが発生しても責任を負いません。

         高濃度の電解水です。飲用しないでください。 

         手が荒れる場合には使用後水洗いしてください。皮膚の弱い方はあらかじめ手袋をしてご使用ください。 

         目に入った場合、水で洗い流し、医師の診察を受けてください。 

         アルファウォーターで家事をされる場合は指輪などのアクセサリは外してご使用ください。

    アクセサリーの酸化部分に反応し、かぶれ等の症状が出る事があります。 

         破棄する際は容器の口を空けて数日間置いた後に流すか、多量の水で希薄し破棄して下さい。

    原液のまま破棄致しますと浄化槽を痛める原因になります。 

         ワックスが塗ってある床にはご使用になれません。 

         大理石は変色や艶がなくなりますので使用しないで下さい。 

         クリアコーティングしてあるメガネのレンズは長時間の使用でコーティングがはがれる可能性があります。 

         真珠、サンゴ、エメラルドなどの装飾品やプラチナ、18金、アルミや銅製品などは、変質する場合がありますので使用しないでください。 

         金箔、めっき等は色落ちする場合があります。目立たない部分で試してからご使用されるか、

使用を避けてください。 

         鏡や硝子などは傷がある箇所には使用しないでください。 

         シルク製品はシミになることがあります。目立たない部分で試してからご使用ください。 

         幼児の手の届かないところに保管してください。 

         水にぬれて不具合の出る箇所には使用できません。 

         皮革類(天然)で水がしみこんでシミになる箇所には使用できません。 

         白木の家具や木製品で水がしみこんでシミになる箇所には利用できません。 

         電気製品の通電部など水がかかるとショートする箇所には使えません。 

         使用の可否が不明な場合、目立たないところで試してから利用するか、各製品の取扱説明書のお手入れ欄を参照、もしくは各製品製造メーカーにお問い合わせください。